Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

誰も助けてくれない



これは辛いな。
・何を書いても構いませんので@生活板 11

634 :名無しさん@おーぷん:2015/10/03(土)13:15:23 ID:tX3
中学生の時学校の階段降りてる途中で足が滑って落ちた。
ギャー―!と叫びながら落ちて下の階の床で止まった。
余りの痛みでピクピク痙攣するだけで身体が固まり全く動かない。
それが床にうつ伏せで両手万歳して両膝が90度曲がって足先が天を向いた結構面白い体勢だった。
一緒にいた友人Aは手を叩いて大爆笑。
上記の体勢のままウワァー!痛ーい!助けてー!と叫んだけどAは爆笑しながら私を置いて行ってしまった。
その時職員室に用があって一緒にいたんだけどAは一人でその用事を済ませに行ってしまったらしい。
誰もいない階段でその体勢のまま一人ギャー!痛いー!と叫び続けた。
そしたら、推定クラスメイトの男子が二人通った。
推定なのは身体が固まって顔が上げられず相手の足しか見えなかったから。
男子とは普段全く喋らなかったが、なりふり構わず助けて!と叫んだ。
スルーされた。
しばらくして仲良しの先生が一人通った。
先生なら絶対助けてくれる!と思って、先生助けて!動けない!と叫んだけど
こらぁ、うふふ、ふざけるのはやめなさいと笑いつつ行ってしまった。
またしばらくして友人Aが戻ってきて、その頃には痛みも最初より引いてきたので、Aの補助で立ち上がって保健室に行った。
弁慶の泣き所が擦り傷だらけで血が出てたけど、怪我はそれだけだった。
いつもは怖い保健の先生がすごく優しくしてくれた。
階段で倒れてる私をスルーした先生には後で抗議した。
まさか階段から落ちたとは思わなかった、遊んでるだけかと思った~とこれまた笑いながら言われた。
結局中学校三年間で階段から5回は落ちた。擦り傷以上の怪我はなかった。高校受験は受かった。