Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

勘助に幽霊部屋を紹介した



これは良い話。
・奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2

387 :名無しさん@おーぷん :2015/09/24(木)16:41:09 ID:rH8
実家が東京郊外でアパートやマンションを貸して生計を立ててるんだけど、そのマンションのある部屋が、所謂いわく付き物件だった。
随分前に住人の恋人がその部屋の風呂で亡くなったことがあり、隣接する部屋の複数の住人が「男女が争う声が何度も聞こえた」
と証言したらしいが、持病のてんかんが原因の溺死となった。
その後その部屋に住んだ人の何人かが「変なぐにゃぐにゃした灰色の影を見る」「深夜にバサバサと何かが顔にかかる」と同じようなことを言って
出て行ったらしい。
初めは死人が出た噂を聞いたのだろうと思ってたが、独身者向けの間取りでどんどん周囲の部屋も住人が入れ替わって噂を聞けるような状態じゃなくなっても、同じようなことを言って出て行った。
親はその部屋の借主の入れ替わりにうんざりして、部屋が空き部屋なのを気にしなくなった。
その頃私は学生だったのだが、ゼミが同じな男子に友人だか恋人だかにロックオンされてた。
いちいち言動でマウントしてくるタイプの勘助で、私は全然親しくなりたくないし、本人にも「付きまとわないで」言ってるんだけどしつこく話しかけてきて、嫌味ばかり言った。
彼が怖くて周囲に相談したりもしたけど、助けてくれる人もいなかった。
私の実家が数物件の大家をやってると誰かから聞いて知ると、数日間つきまとって家業を馬鹿にした後、急にクレクレになり「どっか部屋を安く貸してよ、友達だろ」と言ってきた。
友達なんだからそうだよねと思い、親に頼んで例の部屋を貸してもらった。敷金礼金なし、相場より家賃かなり安め。その代わり「破格の契約にしたんだから長く住んでほしい、契約満期以前に引っ越すな」と念を押した。部屋を見て彼は喜び、快諾してくれた。
よっぽど家が快適なのか、その彼はあまり学校に来なくなった。
「お風呂に入ってると誰かが首を掴む」と言って風呂を嫌うようになり、臭くなった。
「あの部屋は何かあったの?」と訊かれたが、「えー知らないよーたまたま空いてた部屋だからー」で通した。
満期までいてねと念押したのに、学校やめて夜逃げのように荷物残して実家に帰ってしまったらしい。
嘘をついたのがスレタイかな。でも私と契約した訳じゃないし、事件があったの随分前だし。私は幽霊なんか信じてないし。
でも一度も例の部屋には近寄らなかったけどw
彼がいなくなって学生生活も快適になって、本当に嬉しかった。友人が増えたし、恋人も出来た。
それどころか、彼の転居以降その部屋を借りた人も長く居着くようになったとのことで、色々ハッピーだったな。
本当にありがたい物件で足向けて寝られない。