Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

隣の家が火事になった



かーちゃんwww
・笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】

668 :名無しさん@おーぷん:2015/09/09(水)16:08:37 ID:KLA
小学生のころの母の話
隣が火事になった。
その時家には俺と母と犬のみで、俺は母と一緒に俺の貯金箱の中を開けて小銭数えてた。
パチッパチッって音が聞こえてふと窓を見るとオレンジ一色。
母が窓を開けたら炎がかなりの勢いで立っていた。
母はギャーっと叫ぶと同時に俺の小銭を全部自分のポケットへ押し込み
俺の襟首を掴み、犬を脇に抱え、裸足で外にダッシュ。
そして俺は何故か地面に全力で投げ出され倒れ、何故か犬を倒れてる俺の背中に乗せ、母は自宅に戻り父の会社に電話。そして何故か「ごめんなさい」の連呼。
放火でもしたのかってくらいの謎の謝罪電話。
それを終えると隣家へダッシュ。隣家の人が全員無事なのを確認すると
また自宅に戻り、風呂場の蛇口にホースを繋ぎ、隣家へ放水開始。
その時点で既に消防車が来て消火活動していたから、ただの邪魔。
消防士さんに怒鳴られて強制退場。鎮火後も怒られてた。
俺は投げ出されたはずみで、顔面うって鼻血と唇切った。
その火災で怪我をしたのは俺だけだった。
母は覚えてないらしい。