Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

旅先であったイヤなこと



これは災難だわ
・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話

410 :名無しさん@おーぷん:2015/09/05(土)11:56:54 ID:ver
うちの母が数年前に遭遇した話
うちは父親が早くに亡くなって、母が衣料品店の販売員をやって子供達を育ててくれた
私らきょうだいは就職してからはその恩返しってことで、母の日や誕生日にお金を出し合ってちょこちょことプレゼントしてる
モノを贈ることもあったけど何だかんだで一番喜ばれたのがプチ旅行
それである年に、某温泉地へ一泊二日のバスツアーを贈った
バスツアーとはいえ、そこそこいい旅館に泊まれるちょっと高級なやつ
母は喜んで数十年来の親友Aさんと出掛けていった
(このAさんは私達親子に親戚以上によくしてくれら人なので彼女の旅行代も私達で出した)
だけど、帰って来たらどことなく元気が無い
いつもだったら「温泉良かった」「あれがおいしかった」とか聞かなくても感想くれるのに
その時は思ったよりパッとしなかったのかな、程度に思ったんだけど…
後からAさんに話を聞いて真相がわかった
そのバスツアーに、まったくの偶然で母の勤め先での常連がグループで参加してんだと
それだけでも気づまりなのに、そのおばちゃん連中、母に対して店で店員に接するのと同じ感覚だったらしい
土産物をみていると「○○(母)さん、これとこれ買っておいて、あとでお金払うから」
(けっこうな量の土産物をツアーのラストまで持たされた)
ソフトクリームを買おうとすると「私達(4人)の分もお願い」
食事(バイキング)の時間にはわざわざ隣のテーブルに陣取って「その料理私達にも(ry」
風呂に入ると「洗い場確保しておいて」
etc…
要はパシリにされたと
母はここで断わると普段の仕事に差し支えるからとずっとパシっていたそうだ
Aさんも黙ってみてる訳にはいかないからと手伝ったんだけど
おばちゃん達はそれも平然と見ていたそうだ
Aさん曰く
「お母さんには謝られたけど、悪いのはオバハン連中」
「断われる訳ないのを知っててやってるのよ」
そんな母も去年の春、めでたく定年を迎え、今もAさんと旅行に出かけてる
「仕事辞めたら旅先で誰に会っても気楽だわw」
と笑ってるけど、私は今でもあの時の旅行をぶちこわした図々しいBBAどもに災いあれと思ってる