Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

義兄嫁がウシオになった



意味が分からない。
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9

297 :名無しさん@おーぷん:2015/09/04(金)14:29:07 ID:MwM
びっくりしたびっくりしたびっくりした
義兄嫁が獣の槍のウシオみたいになった。
まだドキドキしているので吐き出します
義兄嫁は私と年も近くて、子供同士の年も近い。
そのせいか最初から妙に突っかかってきた(結婚は義兄が先)。
実害があるような物じゃないから気にしないようにしてた。
義兄嫁は小さい頃から子供達にすごく勉強させてた。
でも端から見ると、躾が先では?と思うことも少なからずあった。
一方、うちはあまり子供に勉強しろとは言わなかった。
本人達がスポーツやお稽古の方に熱心だったので、まあいっか、と。
それをいつもいつもpgrされてた。
子供にチャンスを与えないって、親の勤め果たしてないよ、とか、今からやっておかないと、まだ現実見えてないよね、とか。
頭悪いと生きてくの辛い、ある程度の偏差値はキープしないと、とか。
直接は言わないで、義兄やトメさんら相手に聞こえよがしに言ってた。
(義兄は同意、トメさんは困ってた)
でも子供らが高学年になる頃から、なぜか成績が逆転した。
うちが優秀というより義兄子たちが全然出来なくなっていった。
すると突然義兄嫁は、ガリ勉って今時どうなのかな、テストばかり良い子って結局親がガリ勉させて子供の可能性潰してる、これからはのびのび人格勝負でしょ、とネチネチ絡みだした。
ママは成績なんか気にしないよ、大きく育て!なんて義兄子に言ってた。
周りはみんな、しらっとした空気になっていた。
他に、うちは下町に住んでいて義兄家は奇麗な新興住宅地に住んでいる。
そのこともいつもpgrされていた。
下町って地震が来たらおしまいだよ、火事で大変なことになるのに、奥さんが何も考えてないって家族全体のリスクあがるよね!って
いつもいつも言ってた。しかし国が発表した危険地域度では
うちの方は安全で義兄家の方はすごく危険度が高かった(地盤など)。
それにも、国の発表なんてアテにならない、下町は全滅する!と言って
やっぱりシラーっとした空気になった。(トメさんは下町出身)
更に最近。
私がホームベーカリーを買って嵌ってしまい、トメさんや大トメさんに
あれこれ作って差し上げてた。義兄子たちも気に入って喜んで食べてた。
それで義兄嫁もホームベーカリーを買った(凄く高い機種)。
でも結局めんどくさくて使わなかったんだって。
それを、私に騙された、〇〇社の回し者でしょ、あーあ騙された、と
ネチネチ言い続けた。またもシラーっとした空気に。

298 :名無しさん@おーぷん:2015/09/04(金)14:29:29 ID:MwM
すると、義兄子(中学生男子)が突然
「お母さんいつもいい加減しつこいよ。おばちゃんに絡むの止めなよ」
と言い出した。なんでもおばちゃんが悪いって言うんだよ、家でもさ!
お父さん注意しないし!と。
私達はあいまいに笑って、あっそうなんだ~としか言いようが無くて、義兄嫁はびっくりしたような感じで私を睨みつけてた。その後、義兄娘(小学生女子)が部屋にトコトコ入ってきて、髪やって~と言った。
義兄嫁は女の子を産んだことが自慢みたいで、男子だけの私をpgrしてた。
だから、私に向かって「やっぱり女の子が最高!かーわいいー。
母親になったからには娘の髪を結うって最大の癒しだ、男の子は裏切るし」
って私を見てニヤニヤしながら言った。
すると義兄娘ちゃんが義兄嫁から離れて「おばちゃんがやって~。」と
膝に乗ってきた。私は元美容師なのでイベント時には結ってあげてたから。
その瞬間、義兄嫁が変なうなり声?ブツブツとなんか低い声で喋りだして
「ア”ーーー」って私に飛びかかってきた。本当に飛んできたって感じ。
椅子に座ってた私は義兄娘ごと後ろに倒れて、その衝撃で仏壇がガシャン。
義兄嫁は私に馬乗りになって頭や肩をつかんでガクガク揺すってきた。
トメさんと義兄子くんが止めようとしたけど弾き飛ばされて、大トメさん90歳が物凄い力で義兄嫁さんを引き離した。少しぼけてるのに。
(私旦那も義兄もウトさんもその場にはいませんでした)
義兄嫁はこの野郎、とか、いい加減にしろ、とか低い声で唸ってた。
私とトメさんと義兄子くんは怪我をしたので救急車を呼んで病院へ。
私は脳しんとうと肩の打撲、義兄子は前歯が折れてて、トメさんはなんと
転んだ拍子に腰骨を骨折してしまった。
大惨事になってしまい、家族会議がもたれた。
義兄嫁は来ないかと思ったらなんと来た!しかも全然悪びれない。
ウトメさんらは離婚一択だと思っていたんだけど(私もそう思ってた)
なんと義兄は義兄嫁を庇った。そして私と私旦那に
「もう少し気を使うべきだったと思うよ、もう良いけど」と言った。
一同ポカン、本当にポカン。
私旦那は、もう一度状況を説明してから、それでも兄貴がそう思うなら
うちはもう最低限の付き合いにしたい、こんな大怪我をさせるなんて
恐ろしくてとても付き合えない、俺は俺の家族を守る、と言ってくれた。
ウトメさんも、もううちには上がらないで欲しい、用事があるときだけ、義兄に連絡を取るから。孫はいつ来ても良い。と言った。
義兄は、ヤレヤレみたいな感じで「みんながそれでいいなら良いけど?」
って言ってた。義兄嫁は終止どうどうとしていた。義兄子らは来なかった。
ほんの数日前の話しなんでこれからどうなるか分からないけど、ウトメさん&大トメさんは丁度良いから家売って引っ越すって。
うちも引っ越して疎遠にする予定、ウトメは義兄子達とだけ内緒で
繋がって、困ったことがあったらくるように言ってた。
最近子供が見ていた「うしおととら」というアニメで、主人公が
変身するシーンがあの時の義兄嫁にそっくりで、とらうまになってしまった。
長くてすみません、以上です。