Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

不味いのは買いたくない



ひぇ~~
・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第3話

379 :名無しさん@おーぷん:2015/08/28(金)21:33:48 ID:oCz
ずうずうしいというよりキチ案件かも
近くのスーパーに意味不明なことをする常連のお婆さん客がいる。
バナナとか野菜をいくつも掴んでニギニギしてくったくたにして、結局自分は他のを買っていくとかそういうの。
なもんで自分は普段あんまり利用してなかったんだけど、今日久しぶりに行ったら衝撃的な場面に遭遇してしまった。
惣菜コーナーで件のお婆さんを見かけて「あーまたいるよー」と思ってたら、おもむろに餃子とか唐揚げとかのパックを開けて、そこから一つずつつまんでパクパク。
ごく当たり前のように平然と食べ続けている姿に呆気にとられてボーゼンとしてたら、他のお客さんが小走りで店員さんを呼んできてプチ修羅場。
お婆さんが言うには
「ちゃんと買うのよ?いつも買ってるでしょ?味見してどれがいいか選んでるの。あなた(店員さん)も不味いものはイヤでしょ?」
と理解を超越した弁明。
お店の人が「いつも申し上げている通り、お会計前に開封するのはお止め下さい。これらはお買取頂きます」
ということを告げたらヒートアップ。
「なんでよ!自分が納得して買い物するのは当たり前でしょ!時期も悪いから毒味してあけてるのにどういうつもり!?」
と聞く耳持たず。
店員さんが、お婆さんがどれに手をつけていたかご存じの方いらっしゃいますか?
と声をかけていたので、目の前にいた自分が餃子とか唐揚げとか春巻きとか、目撃した分を教えたら店員さんがそそくさとそれらを回収。
なぜかお婆さんは自分にも
「アナタなんでそんなこと言うの?これもこれも一個足せば元通りでしょ!いつもお金払ってるのに!年金で生活してる老人を泥棒扱いするのか!」
と突っかかってきてまた唖然。
お婆さんはそのまま応援の店員さん達に連れられて、商品と一緒にバックヤードに消えていった。
書きながらよく考えたら、あのお婆さん認知症とかだったのだろうか。
とにかくその店はもう使わん。