Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

鉄のハートを持った娘



うむむーん
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その6

362 :名無しさん@おーぷん:2015/03/09(月)17:50:19 ID:E7x
子どもの親離れならぬ、じー(おじいちゃん)離れを見たのが衝撃だった
そこからは衝撃の連続
うちは私も父も土日も忙しく、頻繁に別居してるじーに預けてた
なので娘はじーにべったりのおじいちゃんっ子
金曜の夜になると繋がるまでじーに電話して迎えに来てもらって日曜になるとぐずりながら帰ってくる
週末はずーっとそう
お盆休みやゴールデンウィーク等の長期休暇もずーっとじーの家
「じーがね、じーがね」とそんな話ばかり
それが小4になったころかな、ぱたりとそれがなくなった
金曜になると癖のように電話の前にいくんだけど、電話をじーっと見つめて、「あれ?なにするんだっけ」と首をかしげて戻る、とかそんなことしてた
気になってある時「最近じーに電話しないのね」と言うと、「うーん」と本人も自分の変化に戸惑っていた
そしてじー離れと同時に友達と頻繁に遊ぶようになった
友達と休日に遊ぶのが楽しいと思ったのは初めてと言ってたのも衝撃だった
そして小学生の頃はあれだけ友達と毎日遊び回っていたのに、中学生になってからパタリとなくなった
友達はいるみたいだけど、修学旅行で同じ班になるんだーとかそんな話だけで、休日に遊ぶようなことは一度もなかった
高校生になったら友達も極端に減ったみたいで、中学が同じだった3人と、その友達経由で仲良くなった2人の計5人、あとはクラスメートの名前も覚えてないくらいだった
そして大学、高校からの友達も誰一人いなくなった大学では、文字通りぼっち貫いてたようだ
ニュースで便所飯が話題になってる前で、昼食を1人で食べるためには学食で早々に席取りして競争に勝たねばならぬ、穴場は15分前の窓際カウンター席
とか力説してくれてカーチャンは娘の鋼のハートに少し安心した
単位も年間60単位で最大数とっていて、秀が並んでたからそこも安心してた
唯一心配だったのが、この子一生シングルなんじゃってことだけど、ある日ひょっこり彼氏を連れてきた
しかも堅実に行きてきたはずの娘が、どこの子とも解らない彼氏連れて開口一番
「親が亡くなって家がないので家においてください」
おっおう、としか言えなかったよ
私もぶっ飛んでたと思うけど、震災で両親亡くなったのは本当だったし、親代わりとして面倒を見た
二人共社会に巣立って今度正式に入籍するとのこと
結婚式はしないのかと言ったら、彼氏は友達いるけど私はいないし
家族だけになると彼氏が誰も呼べなくなるよー
とサラっと言われた
カーチャン、あんたのドレス姿は見たいよ
娘の中で何が起こったのか、今でも子供の成長の神秘に驚かされる