Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

不愉快だからもう行かない



これはイライラするね。
・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第2話

164 :名無しさん@おーぷん :2015/01/15(木)12:36:25 ID:T2p
すみません、短く纏められませんでした。
友達というほどではないが、会えば少し世間話をする程度には交流のある近所の奥さんがいた。(仮にA)
Aは、くりんくりんの癖毛の持ち主。
私は5年ほど前から縮毛矯正をして肩までの内巻きボブにしているが
元々はAと同様にくりんくりんの癖毛。
昨年家庭の事情で旦那の地元に引っ越すことになったんだけど
引っ越し前にAと世間話をしていて、髪の毛の話になり
初めて私もAと同じく本当は癖毛なんだけど縮毛矯正していて・・・という話になった。
Aは、自分も一度やってみたいけど下手糞な店でやるとバリバリになるって聞いたし
どこがいいのか分からなくてと言うので、私が言ってる美容院は上手だよって話したら、一緒に行ってもいいかと言ってきた。
じゃあ引っ越し前に一度カラーリングに行くからその時に一緒に行きましょうという話しになり
大体どれぐらいの時間がかかるか、お値段はいくらぐらいになるか、長さや髪質によって違うだろうけど私の場合はこれぐらいだって話をしておいた。
そして私はカラーだけだから先に終わると思うので、一緒に行くけど帰りは別ね、と。
そして数日後に予約を2人分入れて一緒に行ってきた。
予定通り私が終わった時はまだ縮毛矯正の真っ最中だったので
「お先にねー」と声を掛けて先に帰った。
しばらくしてAを見かけたら、きれいなストレートになってたから
「サラサラになってるね。割と感じのいいお店でしょ?」って声を掛けたけどなんだか微妙な表情。
「感じよくはないよ・・・、なんか常連と新規をすごく差別する店だよね」ってふくれっ面。
私はそんなふうに感じたことはなかったけどなぁと思ってそう言ったら
「だって縮毛矯正ってあんなに高いのに、あなたにはお土産が付いてて私は何も貰えなかった」と。
ああ、そういうことか。
私は今回が最後だったから、いつも指名してる美容師さんに予約の時にそれを伝えておいた。
カラーリングしてる間にも、長い事お世話になったことをお礼を言ったり。
縮毛矯正勧めてくれたのもその人だし。
それでお会計のあと「長い間贔屓にして下さってありがとうございました」と
トリートメントとコンディショナーのセット(箱入り)をプレゼントされた。
それのことを言ってるらしい。
そのあたりの事情を話したら、たぶん引っ込みが付かなくなったんだろうけど
「そんな個人的にプレゼント渡すなら見えないところでやるべきだ」とか
「2人一緒に行ってるのに一方にだけ何かあげるとか無神経」って怒り出した。
別に他のお客さんの目の前で堂々と渡されたわけじゃないのに。
逆によくあの角度から見てたなってぐらいだった。
そして「悪いけどあんな店もう行かないと思うわ。不愉快だもの」って言われた。
いやもう、寧ろあんたみたいな面倒臭い客、行かないであげて~と思った。