Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

スキー修学旅行になったわけ



オイドンも中学で初めてスキーを体験したが、ここまで酷くなかったぞ。雪山を見て興奮したな~
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目

64 :名無しさん@おーぷん:2014/09/02(火)15:45:37 ID:???
地元は九州の海岸沿い。昔も今も冬に雪は降るけど積もることはまずない。ウィンタースポーツで雪山ってのも、高校生とかはお金がかかりすぎるからまず発想すらない。
そんな所でわーわー過ごしていたんだけれど、進学した学校の修学旅行がスキーだった。
公立だったので家庭でスキーに行った事がある子なんてほぼいなくて、大体がスキー未体験。
私含め雪山未体験の子も普通にいた。
スキー板装着に苦戦、足をハの字にして滑るのに苦戦、こけたら起き上がるのに苦戦。
とんでもない所に来てしまったと思ったけど序の口だった。
インストラクターがリフトに乗ると言ってみんなを先導し超初心者コースのリフト乗り場に到着。
初めてのスキー場リフトに並んでいる間は興奮していたけど、乗る直前で気付いた。乗り降りのやり方教わってない!
アワアワしていたら、そこに立って!と怒鳴られてリフトが尻を掬ってくれた。搭乗成功。
そこからちょいちょいリフトが動きを止めながらも斜面を登って行く。
あっという間に降り場に着いたけど、やっぱり習ってないから降り方わからん。
どうやって降りると!?とリ混乱してリフト係に叫びながら聞く。
なんか言われたけどわからず足をバタバタさせていたらリフト止められた。
乗っている時止まってたのこれか…
腰がガクガクしながら降り場から離れると、クラスメイトが死屍累々。運動神経良い子だけ生き残ってた。
そこからはもう本当の阿鼻叫喚で、止めてー!と叫びながら滑っていった友人が飛んで視界から消えていったり、滑りながらカーブをする練習中、先にスタートした友人が何故か私の背後を直線で駆け抜けていったり、一番感心したのは木にぶつかって埋れた友人の上に雪がドサドサと落ちて来た時。漫画の世界じゃなかったんだと思った。
例外なく私も滑りを止められず、リフト待ちの列へ突撃して、知らない男性を柱代わりに抱きついて巻き込んでしまった。連続謝辞した。
本当に小学生向けのゲレンデだったらしいので、みんなも本能である程度スピードは殺せてたけど、止まるまではいかず修学旅行としては最悪だった。
また更に、レンタル手袋を脱ぐと臭う自分の手の異臭にも苦しめられたのも最悪だった。

65 :名無しさん@おーぷん:2014/09/02(火)18:58:59 ID:???
雪山修学旅行は、もよりの駅も遠く、交通手段は乗ってきたバスだけ
近隣に遊び歩くところもほぼ無いから、生徒を雪山に閉じ込めて行動を制限できる、監督役の教師としたら負担が少なくてすむ修学旅行だろうからなあ

67 :名無しさん@おーぷん:2014/09/02(火)20:14:32 ID:???
学生時代にスキー場のホテルでバイトしたけど
その手の高校生達が大量にきてたよ。
だいたいがちょい悪系のヤンキー高校w
脱走してもスキー教室をサボってもどこにも行くとこない。
下手すりゃ凍死コース。
なので超ブツクサ言いながら集団行動していく。

68 :64:2014/09/02(火)20:43:38 ID:???
そうだったのか…< ヤンキー高校
確かに当たってるw
うちは普通科と専門科があって、専門科はヤンキー率高かった。
ちょうど校風を厳しくしていく過渡期で、私のいた普通科はクラス数も少なかったからか、ヤンキーがほとんどおらず修学旅行にありがちな男女の部屋に行って騒ぐとかが全くなく、女子ばっかりで怖い話をして安らかに眠ってたよ。
あれ以来スキーは嫌い。せめて雪合戦とかかまくらとか作ったりしたかった。
唯一できたのは旅館内自由時間に玄関の外で雪玉を坂道に転がして大玉になるか実験したくらい。
大玉にはならずに、なんかバームクーヘンみたいなのができてパタリと倒れたのも衝撃的だった。