Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

7月はスクリーンで26本の映画を観ました



2014年7月は今までの人生の中で、劇場で一番多く映画を観た月だった。その昔、300人劇場でやっていた「深作欣二特集」のころも、頑張って通ったけど、ここまでは観てなかった。
やっぱり映画はスクリーンで観るに限る。
なんでこんなに多く観たかというと、キネカ大森でやっていた「ホラー秘宝祭り」と池袋・新文芸座の「追悼上映 鬼才 鈴木則文 ~下品こそ、この世の花~」という特集に頑張って通ったからだ(Aさん教えてくれてありがとう)。
会社が終わると、走って駅に向かい(時にはタクシーで)劇場まで急行しました。
こうやって観た映画をまとめると、すげー偏ってるな。カッコの中は、公開された年、制作国、監督名のデータです。

サスペリア(1977年/イタリア/ダリオ・アルジェント)
エクソシストキルズ(2013年/アメリカ/ジャスティン・プライス)
ブラインド(2011年/韓国/アン・サンホ)
バスケットケース(1982年/アメリカ/フランク・ヘネンロッター)
人喰猪、公民館襲撃す!(2009年/韓国/シン・ジョンウォン)
ABC・オブ・デス(2012年/アメリカ/監督は27人)
マーターズ(2008年/フランス・カナダ/パスカル・ロジェ)
ダラス・バイヤーズ・クラブ(2013年/アメリカ/ジャン=マルク・ヴァレ)
鑑定士と顔のない依頼人(2013年/イタリア/ジュゼッペ・トルナトーレ)
へんげ(2011年/日本/大畑創)
大怪獣ガッパ(1967年/日本/野口晴康)
温泉みみず芸者(1971年/日本/鈴木則文)
温泉スッポン芸者(1972年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 御意見無用(1975年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 爆走一番星(1975年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 望郷一番星(1976年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 天下御免(1976年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 度胸一番星(1977年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 男一匹桃次郎(1977年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 一番星北へ帰る(1978年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 熱風5000キロ(1979年/日本/鈴木則文)
トラック野郎 故郷特急便(1979年/日本/鈴木則文)
伊賀野カバ丸(1983年/日本/鈴木則文)
コータローまかりとおり!(1984年/日本/鈴木則文)
パンツの穴(1984年/日本/鈴木則文)
びんばりハイスクール(1990年/日本/鈴木則文)

観た映画に勝手に賞を与えるとしたら……
★クソ映画大賞「エクソシストキルズ」
★16歳の大胆ヌードが観られるで賞「温泉みみず芸者」
★童貞大賞「バスケットケース」「鑑定士と顔のない依頼人」「パンツの穴」
★コメディ大賞「人喰猪、公民館襲撃す!」「トラック野郎 爆走一番星」
★コリーダ賞「トラック野郎 天下御免」
★秘密のドア・アイリスで賞「サスペリア」
★アクション賞「伊賀野カバ丸」
★後味が悪いで賞「マーターズ」
★低予算大賞「へんげ」
★社会派賞「ダラス・バイヤーズ・クラブ」
★人間以外の名演技賞「ブラインド」
★音楽大賞「サスペリア」「大怪獣ガッパ」

童貞大賞が3つも入ってしまいました!! ビックリ。

映画好きの皆さん、劇場に行ってお金を落とそう!