Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

カッコいいバンドマンと付き合っていた



彼氏の将来の夢に爆笑してしまった(笑)。
百年の恋も冷めた瞬間 Open

122 :名無しさん@おーぷん:2014/05/19(月)21:38:11 ID:CEigPvTVe
大学時代、フリーター兼バンドマンの年上の彼と付き合ってた。
ルックスが良くて常にモテてて、友達も多い人だった。
私は生まれて初めての彼氏に舞い上がり、「俺に見合う良い女になれ。」「友達ありきのお前だ。」と言われても
気にせずに料理の勉強やらおしゃれやらに気を配って尽くしてた。
あるとき彼の家にお泊まりしてたら彼の親戚の叔父?がいきなりやってきた。
その叔父というのが普通の話題から下ネタまでさらっと話すような人だった。
私は特彼の親戚だし、と思って下ネタにも相づち打って聞いてた。
叔父がいなくなったとたん、彼氏が発狂しだして
「気持ち悪い!俺以外の男と下ネタを話すなんて!もう家に来るな!」
なんとなく話を合わせただけなのに、と言い訳したけど彼氏完全シカト。
別れたくなくて土下座して謝りました。
ごめんなさい続きます。

123 :名無しさん@おーぷん:2014/05/19(月)21:48:10 ID:CEigPvTVe
付き合って一年ほど経ったころ、私が大学の卒論研究の為に地元に2ヶ月ほど帰らなくちゃならなくなった。
地元にいる間、「はやく会いたいにゃ…」「寂しくて死にそう…」
「一日でいいから戻って来て…」というメールが毎日届くようになり
段々うざったくなって返信しなくなった。
東京に戻ってすぐデートしたけど、「ほんと良い女だよお前は…」「やっぱお前ありきの友達だわ!」
と上から目線で褒めちぎってくるので、何様だと思い別れを切り出した。
そしたら駅構内で号泣されながら服を引っ張られたので
最後の最後に「将来の夢教えて」って言ったら返って来た言葉が
「俺を含めイケメンだけを揃えたコンセプトバーを経営したい。」
振り払って帰宅。
その後も「もう一度考え直してくださいお願い致します」
の長文メールが届いたが、今後のご活躍をお祈りして終了した。

124 :名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)07:54:40 ID:h44T6vGBv
なんつーか
追ってる間は必死だったけど追われたら醒めたみたいな話なんだろか。

125 :名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)08:43:02 ID:hXfKZNKUz
>>124
物理的に離れてみたら冷静になっちゃった人と、寂しくなった人の温度差かなと思った。

126 :名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)08:56:33 ID:sG9M83juh
いや、俺様系の男から見下されるのが好きなんだろ?

127 :名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)11:16:16 ID:F0yO0bdJN
見下されなくなって醒めた
なるほど
いや複雑だね女心は。

128 :名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)14:14:16 ID:c6juMu0Gz
見下されるのがデフォになるとそれが普通になるから嬉しいもなにもないよね(  ̄▽ ̄)
まぁ「〇〇はほんと良い女だよ」って今の彼氏によく言われるからそれは少し嬉しいとは思う。
普通に考えると都合がいいからか…?
とは思うが
長年の鬱憤が形となっただけだろ
しょうがなく相手してたのにキレられてしかも
離れたら離れたできっっもちわるいメール寄越してくるとかそりゃ覚めるわ