Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

本を出版してから勝負です(禿西先生)



Twitterでこんなこと言われちゃった★

‏@moonpandさんは2つの誤解をしている。
1つは本を出したり、メディアに露出してもガッポガッポとは稼げない。本を書く手間を考えたら、コンビニでバイトをした方が割がいいです。もちろん、10万部売れたら違いますが、なかなか厳しいでしょう。

2つ目は、このエントリーの主題なんだけど、本を売るためには筆者は率先してメディアに出てPRをしないといけない「義務」があります。もちろん私の個人的な意見ですが。
出版社が「売らなくてもいいよ、いや、積極的に売ったら殺す」と言われた別ですが、そんな版元はいままで聞いたことありません。
本来ならば、出版社が手間・暇お金をかけてPRしないといけませんが、出版不況でどこもお金はありません。ミリオン確定の著者だったら宣伝費をかけてくれるでしょうが。
そこで著者である中の人が、率先して宣伝をしないといけないのです。そのあたりの事情と想いは、常見陽平氏の以下のエントリーに詳しく書かれています。

出版業界で食うというロックな生き方①「売れてないな」と思った本がベストテンに入る時代
出版業界で食うというロックな生き方②先に「食えない」を経験した音楽業界から学べ

と、いうわけで、今後メディアに露出した場合も、「Hagexは頑張っているな~ PR大変だな」と応援しつつ、「2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)」を10冊ぐらい買ってください。あ、Kindle版もあるよ

しかし、この釣り師本、大絶賛の嵐です。その一例を引用。

ありがとうございます! ありがとうございます!