読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

【明日発売】ネットの釣りテクニックについて解説した本を書きました【買え】

告知


明日、Hagex初の単著が出ます。電子書籍じゃなくて紙の本ですよ。その名も「2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い」! 筆者が言うのもなんですが、長いタイトルですね、この本。

内容は「ネット上で活躍する釣り師」のテクニックを解説し、その見破り方を延々解説しているという本です。タイトルが「こんなに凄い」と書かれていますが、釣りに関するトピックで1冊新書を書いた「オレが凄いよ!」と言いたいですね。
よく冗談で「コレに関して詳しく述べると本が1冊書けます」と言いますが、本当に書きました。
全208ページで、オール書き下ろし。半年近くかかりました。台湾の辺鄙な場所をバスで移動中に執筆したのもいい思い出です。

第一人者は辛いよ

ネットの釣りに関する知識は、日本でトップ5に入る自信があります。が、いざ釣りに関する解説文章を書いていくと、参考になる文献や相談できる人がほとんどいないので、とても困りました。
この本でいろいろと書いているのですが、テーマが「釣り」だけに、「これが証拠だ!」というものがなかなかありません。新書の「はじめに」でも書いてますが、「この本の内容は筆者による妄想だ」と指摘されても反論はできません。だからこそ、みんなが読んで納得する内容を心がけました。が、先程述べました、相談できる人がいないので、執筆しながら「ああ、オレが書いている文章、本当に大丈夫?」と不安になる日々を送っていました。
第一人者ってのはいろいろと大変なんだな~ と実感しました。

話題になる文章の書き方読本にもなる

釣りの本質は「いかに人の心を揺さぶるか?」です。
この本では「釣り師はこんなテクニックを使って、人を騙す」というテクニックをいろいろと書いています。釣り師志望の方にも役に立ちますが、これって、「インターネットで注目を集める、バズる文章」の技術と同じなんですよね。この事実に本を書き終わって気がつきました。もっと早くわかっていれば、帯の文章にいろいろと書けたのに!
先日書いた「福岡出身の私が感じる「福岡の15のダメな点」」は、釣りじゃないですが、本書で解説したテクニックをたっぷりいれてます。

釣り師「トピシュさん」が友情出演してます

本物の釣り師さんにインタビューをしたかったのですが、出てくれません。というか連絡先がわかりません。しかし、釣り師に話を聞きたい~ といろいろと考えていたら、発言小町やはてな匿名ダイアリーで活躍している現役釣り師トピシュさんがいたことを思い出した。連絡をとってみると快諾。
「直接会って話を聞きたいのですが、いいですか?」と女子中学生のラブレターのようにモジモジして送りますが、こちらも快諾。
アスキー新書編集部がある飯田橋の角川書店に来てもらいました。そこで、生のトピシュさんに会いました。みなさんもトピシュさんがどんな人なのか気になりますよね。私も気になりました。
セーラー服が似合う巨乳女子高生だったら… バーキンを持った上品マダムだったら… アスキーの担当者が鏡を設置して、私にそれを見せ「Hagexさん、トピシュさんはあなたの別人格だったんですよ」「な、なんだって~(AA略」と驚く、もしくはドクター林が登場し「まさかとは思いますが、トピシュとは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか?」と言われ…… などといろいろと妄想が膨らみました。
トピシュさんと無事に会えたのですが、私と担当さんに、一枚の紙を渡します。それはなんとNDA。そうトピシュさんの個人的な情報は語ってはならぬという「秘密保持契約書」でした。さすがに自宅にホワイトボードを設置して、セックスの後に議論をする人は違いますね。
だから、トピシュさんについては私は語ることができないのです(涙)。

そんなわけで、この本にはトピシュさんと私の対談がババーンと載ってます。恐らく私の書いた文章が気に入らなくても、この対談パートはみなさん満足されると思います。釣り師から見る「釣り師」、釣り師の苦労などなど、トピシュファンはもちろん、ネットユーザーは必見の内容となっています。
ところで、トピシュさんに「新書を渡したいのですが」と連絡したら、「午前●●時の×××線の5両目の網棚(進行方向側)に置いておいてください」と言われました。何者なんですかね、あの人。

釣りに関して私が知っていること感じていることは全て書きました

アスキーの担当さんから「新書を書きませんか?」と連絡が来たときは、てっきり私のモテモテ人生を参考にして「イケメンHagexに学ぶセフレ10万人の作り方」というテーマかと思い、のこのこ飯田橋に行くと、「釣りの本を書きませんか?」と告げられます。そしてよく聞いてみると、担当さんは私を釣り師だと思っている模様。「釣られても釣るな」が家訓の私はビックリ。

新書は読んで1つでも役に立つことが書かれていれば、OKと言われてますが、私は50個ぐらいぶち込みました。この本が売れないと、今月の家賃の支払いが厳しいので(ほら、就職したばかりだから)、ぜひ皆さん100冊ほどご購入をお願いします。

それでは、買ってね~


2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い