読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

オレがイケダハヤトさんのプロブロガー収入に納得できない理由

Web 雑感


3月10日に「これまでのブログとこれからのメディア」というイベントに行ってきました。
ハフィントンポスト編集長松浦氏が司会を務め、書籍「ブログ飯」でお馴染みの染谷氏、そして我らの火遊び(不倫じゃない方)家でお馴染みのイケダハヤトさんが登壇。
染谷さんの見た目が、アー写と全く違っており驚いた。次にビックリしたのは、いろいろな人が指摘しているけど、イケダハヤトさんの「低い声」。魔太郎のような外観ですが、凄腕AV監督(はめ撮り系)のような声をしていました。あの声で演技指導されたら、嬢も艶っぽい声がガンガンでるに違いない。オイドンはイケメンだけど、声が良くないから羨ましい。

前置きが長くなったけど、イケハヤさん、自サイトのアクセス数やプロブロガーとしての収入をイカのようにタコってました。

・月間80万PV
・ユニークユーザーは月間40万
・Googleアドセンス、自社広告、アフィリエイトで喰っている
・昨年は500万の売り上げがあった
・収入の内訳 Googleアドセンスは50万円(月額に換算すると4万1666円) 自サイト広告販売が7割 残りはアフィリエイト

以前、イケハヤさんの書籍を文教堂(本屋さんね)で立ち読みをしたんですが、その本でも「自サイトの広告のスペース販売が、売り上げの7割を占めている」と書かれていました。記憶を頼りに書いているので、数字は正確じゃないかもしれないけど、広告販売が大きな割合だったのは間違いない。
自サイトの広告スペースで収入を得ていることは全く悪くないのですが、「私はプロブロガーで500万稼ぎました」と言っても、Googleアドセンスで500万稼ぐのと、広告スペースの販売で500万円稼ぐのでは、その本質が違うと思うのよね。
Googleアドセンスで稼ごうと思ったら、大切なのは 1にPV、2にPV、34もPV、5~99までPVですよ。広告単価とクリック率なんて、ビューが稼げないと話にならない。
広告スペース販売でいちばん重要なのは「広告を獲得する営業能力」で、他はおまけ。
そのあたりをはっきりしないで、「プロブロガーで500万稼いだ」「会社員を辞めて専業になれば稼げる」「1PVあたりの収入は…!」と述べるイケハヤさんには、納得できないのよね。

もっとはっきり言おう、Googleアドセンスで月に4万ぐらいしか稼げてない人に、ブログの稼ぎ方を説かれても説得力がない

余談
帰りに市ヶ谷をトボトボ歩いて帰っていると、颯爽と私を追い抜いてJRの駅を目指すイケハヤさんの姿がありました。う、打ち上げは参加しないの? 家族サービス?
しかし、広告販売が売り上げの7割か~ 広告打ちきられたら収入7割減か。辛いね★ Googleアドセンスにも同じ事はいえるけどね!