Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

よりアホらしくなった映画「マチェーテ・キルズ」



アメリカのAMCで見てきました、マチェーテの続編「マチェーテ・キルズ」。
映画「マチェーテ」は元々、2007年の「グラインドハウス」に挿入されていた、実在しない偽映画予告4本のうちの1つ。

グライドハウス予告版「マチェーテ」。映像の汚れやフィルムノイズはすべてわざとです。
フェイクにもかかわらず、「マチェーテ」は本当の映画作品となり、2010年に公開される。スティーヴン・セガールロバート・デ・ニーロジェシカ・アルバリンジー・ローハンなど、B級テイストな映画にも関わらず、出演者は無駄に豪華。この映画の予告はこちら(上の予告とサムネイルが同じやね)。

映画版予告「マチェーテ
メキシコの連邦捜査官のマチェーテダニー・トレホ)が、惨殺された娘と妻の復讐を行うストーリー。予告を観てもらえばわかりますが、バイクにガトリングを積んで乱射しながらハイジャンプするなど、非常に痛快なシーンが満載です。頭が悪い映画ファンはみんなみている作品ですが、初デートには向かない内容となっております。
でもって、前置きが長くなりましたが、「マチェーテ」の続編が、アメリカで数日前に封切られ、日本では来年春公開予定の「マチェーテ・キルズ」なのです。

日本語公式サイト

今回はアメリカ大統領(カルロス・エステベスチャーリー・シーンは本名でクレジット)から、マチェーテにある指令が下される。なんと某独裁国家がトマホークミサイルを使って、アメリカを狙ってるので、これをストップさせてほしい! という内容。

前作では、「B級でもかっこいい映画」でしたが、今回はよりギャク度が高くなっており、ナイフが飛び出るiPhoneや十徳ナイフのマチェーテ(山刀)、浴びると骨になってしまう光線銃、ガトリング銃つきブラジャーなど、頭の悪いボンクラが大喜びする武器がたくさん出てきます。
前回の悪役はロバート・デ・ニーロでしたが、今回はメル・ギブソン。よくもまあ、こんなどうしようもない映画にメル・ギブソンは出たな〜 と感心してしまいます。レディー・ガガも出演していますが、意外と活躍してビックリ(しかも美味しい役だ!)。
やたら血しぶきと死体がでる映画ですが、最後のエンディングはビックリ。クエンティン・タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」の最後に「え、××××をぶっ殺しちゃうの!」と驚きましたが、それに匹敵する衝撃。
ロバート・ロドリゲス監督も思い切ったことやるな〜 ただ、これは賛否が分かれる結末。映画館にいた若者は「bullshit!」と叫んでましたが、納得です。
はやく日本でも公開されて、エンディングについていろいろな意見を見てみたいっすね。

オープニングの映像は無茶苦茶かっこよかった!

娼館のボス マダム・デスデモナ(ソフィア・ベルガラ)。この映画のボンクラ度がよくわかるポスターです。
以下余談ですが、アメリカの映画館で作品を観るのは初めて。私が観たのは封切り2日目ですが、お客さんはまばら。スクリーンは巨大で、音質もよく、イスの背もたれもかなりでかくて非常に快適。ただし、観客の皆さんは日本と比較すると、あんまりマナーはよろしくなく、前の椅子に足を投げ出したり、ぺちゃくちゃ喋る。ただ、リアクションはよくて、作品が始まる前の予告で、となりに座っていた女性は「サイコ−!」「」「イイ映画だわ」「怖い!」と叫んでました。
映画が終わったのは夜の10時すぎだったので、強盗に襲われないかビクビクしながら駐車場に行きましたが、治安が良い場所だったので安全にモーテルに帰ることが出来ました。ビクビクしすぎてパンフレットを買うのを忘れてしまいました。

マチェーテ

マチェーテ・キルズを観る前に、一作目を観て復讐、もとい復習しておこう。