Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

下着押しつけママ



被害者がクレクレママだったら、よかったのに。
・【セコキチママ】発見!キチガイママ その49【泥キチママ】

852 :名無しの心子知らず:2013/08/30(金) 23:00:50.35 ID:8bcJDTu8
今はもう引っ越したけど、前に住んでいたマンションの隣に
下着を押し付けてくる気持ち悪いシンママがいた話です。
登場人物
私(当時27)、シンママ(30前後)、シンママ娘(小2くらい)
当時は旦那と二人暮らしで、隣の部屋は空室だったんだけど
ある日、そのシンママが娘を連れて住むようになりました。
うちにも挨拶に来て、郊外のショッピングモールの下着専門店で働いてるんですと話されたけど
ここまでは普通でした。私もそんな話振られても「ふ〜ん」としか思えなかったし。
でも、その後旦那がいない時に限ってうちの部屋に度々そのママが来るようになって
来るといっても部屋に上り込むとかじゃなく、玄関で話すくらいなんだけど
シンママの部屋は角部屋でその右隣が私達夫婦の部屋、私達の右隣は男子大学生の一人暮らし。
さらに隣は老夫婦の部屋で、なんかどうやら私をターゲットにしてたみたい。
シンママが何をするかというと、ピンポーンってインターホン押してこっちが顔出すと
「こんにちは。今日はこれ持って来たの。あなたに似合うと思って。」とズカズカ入ってきて
手に持っていた下着(ブラとかパンツとか)が入った袋を渡してくる。

853 :名無しの心子知らず:2013/08/30(金) 23:03:02.21 ID:8bcJDTu8
そういった職場で働いてるからか、下着収集が趣味みたいで
向こうは恐らく「親切心で下着を見繕って隣人にあげるアテクシ優しい!」みたいな思考でウヘェ状態。
毎回「あの、結構です」とか「受け取れません」とか言ってもなしのつぶて。
「あなたならこのブラが良いと思うの」「ぜひ着けてみて、これお店で評判なのよ。」と下着を置いていく。
いったいどういう思考回路をしているのかほんと気持ち悪かった。
無論、もらった下着は(高級そうなのもあったけど)身に着ける気なんてならず、こっそりゴミ出ししてた。
サイズとかも全然私と合ってなかったので。
何度もそうしたことがあり「あの人病気なのかな・・・」とか一人で悩んでたけど、もう限界だったから
夫にその人のことを相談して、今度の休日に一緒にママの部屋へ抗議に行くと決めた。
が、翌日の平日に紙袋持ったシンママ襲来。当然夫は仕事でいない。
開口一番「今日は新作持って来たのよ!」と笑顔で言われた。
その時、何故かシンママの娘も一緒にいた(理由は分からず、すぐ後に判明)。
もう小学2〜3年生くらいの大きい子なのになんか無表情で突っ立ってて怖い。
それで、シンママと娘は同じようなミニスカート履いてて
直後、いきなりママが自分と娘のスカートを同時にめくった。私はポカンとそれを見てた。
「じゃーん、これどう?どう?」と黒のうっすらと透けたパンツを御開帳。
驚いたのは娘にも同じ黒の透けパンツを履かせていたこと。
そしてスカートめくられてパンツ丸見えなのに全く無表情で無反応の娘。
今思うと虐待?というか体に痣とかはそんなのは無かったけど、あの無表情さは変だった。

854 :名無しの心子知らず:2013/08/30(金) 23:04:18.66 ID:8bcJDTu8
そして「ね?これいいでしょ〜。はい、私さんの分。」と下着の入った紙袋を渡してくる。
どうやらお揃いで身に着けてるその下着と同じのを私に寄越したい模様。
ふとここで我に返り、「いやもういりません、こういうの本当迷惑してるんです!」と怒鳴ってやった。
「金輪際下着の押しつけとかやめてくれませんか!ちょっと異常ですよ!」と言うと、シンママ豹変!
「じゃあ、あなたはどんなの付けてるのよぉー!!」といきなり叫び、私に飛びかかってきた!
私の着ていたシャツやスカートに掴み掛り脱がそうとしてくる物凄い表情のママ。
「何するんですか!!」と私も必死の抵抗。玄関前で揉み合ってるちょうどその時
宅配便のお兄さんが廊下に顔出してくれなきゃヤバかったかもしれない。
隣の大学生の男の子もびっくりした顔でドアを開けて出てきてくれ
(ちょうどその日のその時間帯は部屋にいたらしい)
皆で大声で叫ぶママと私を引き離してくれた。
シンママは男の人達に囲まれて落ち着かされると、何故か途端に大人しくなって何もしゃべらず。
娘も隣で大人しく座ってた。私も息と服を整えてると
宅配便のお兄さんに「どうします?あの・・・警察呼びますか?」と聞かれたので、24。
でも別にどっちも怪我もしてなかったし、シンママはやって来たお巡りさんに少し注意だけされて終わり。
この出来事でほんとに恐怖を感じて、今すぐにでも引っ越したいとその日の夜夫に伝え
そのマンションは解約して引っ越しました。
無論、すぐに引っ越せた訳ではないのですがその後はそのシンママが突撃してくることもなかったので。
私とたまに会うとハッ、として気まずそうに顔を反らすくらいで、特に何か言ってくることもなく
謝罪の方は結局ありませんでしたが、下着を持ってくることもなくなりました。
相手の心境にもなんらかの変化があったんだと思うけど、あれは強烈な出来事でした・・・。