読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

家入一真氏「マネージメント」について大いに語る



我らの家入一真先生が、Twitterで以下のようなツイートをしていた。ここで出てくるリバ邸とは、「家入先生が大好きな人たち」があつまるシェアハウス。現在六本木をメインに、いろいろな場所につくるらしい。
そんなにたくさん作って大丈夫なのか? という質問が来たのか、家入先生は以下のようにツイートしている。

ちなみにリスクマネージメントは、Wikipedia先生によると以下のように解説している(強調は筆者のもの)。

リスクマネジメントとは、リスクを把握・特定することから始まり、把握・特定したリスクを発生頻度(発生確率、possibility)と影響度(酷さ、severity)の観点から評価した後、発生頻度と影響度の積を評価の尺度とした、リスクの種類に応じて対策を講じる、また、仮にリスクが実際に発生した際には、リスクによる被害を最小限に抑えるという一連のプロセスをいう。どの会社においても、意思決定を行う際は、当然、暗黙の了解で、そういったことをこれまで行ってきたものと思われるが、近年、リスクマネジメントに対する意識の高まりを受け、特に、明示的に行われるケースが増えている。

家入先生は、炎上事件が発生した場合「リスクによる被害を最小限に抑える」ことを基本的に一切しない人なので、「マネージメントしないマネージメント(キリ」と言われても、「それって結局トラブルが起きても放置しておくだけじゃん」としか思えないな〜

実際に家入信者の娘っ子がシェアハウスがらみのトラブルを起こしたとき、家入先生はガン無視していたし。
シェアハウス騒動主が家入一真氏を非難
日記には貼ってないけど、問題の娘っ子さんは、Facebookで家入先生にメッセージたくさん送ってるし、一緒にイベントもやっている。しかしトラブルの対応やフォロー、アドバイスは一切しなかった。

あと、家入先生はよく逃亡しちゃうからな〜

TwitterFacebookなどインターネットからしばらく姿を消していたので気づいている方もいるとは思いますが、先週から家入さんが誰にも会いたくないモードになってしまいました。私の経験上、家入さんが全ての連絡手段を断って引きこもるのは、半年に一度ぐらいのペースです。

家入一真氏の有料メルマガ「「生け贄スタイルの理論と実践」【Vol.039】「お金が教えてくれること」出版記念イベントの全文書き起こし 前編 」より

家入先生は、逃亡のコツや周りに迷惑をかけた際の厚顔無恥ライフハックをもっと語ってほしい。
あ、イケダハヤトさんは、このツイートを取り上げて絶賛していました。ハイ。