Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

新年おめでとうございます&オススメ映画



2013年もよろしくお願いします。
12月31日から1月1日にかけては、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:破:Q 一挙上映 &EVANGELION STORE TOKYO-01 presents“宮村優子の煩悩108 叩き斬り除夜のあんたバカぁ?” 一部生中継付き」というイベントに行ってきました。元旦から劇場で三作品を鑑賞。ヱヴァンゲリヲン新劇場版 序 破は見ていたけど、Qは未完だったので、じっくりと見てきました。
「ひどいひどい」という噂だったので、ドキドキしていたけど、思ったほどは酷くなく(笑)

ちなみに2012年劇場公開で、個人的なベスト3な映画は…

■トロール・ハンター

日記でも熱く書いたけど、適度な嘘くささ&B級感をベースにしつつ、面白い設定&ストーリーや迫力映像などがピカイチ。




■サニー 永遠の仲間たち

演出やカメラワークといった映像美が見ているだけで気持ちイイんだけど、ストーリーの根底にある「韓国で女性が自立して生きていく大変さ」が、見事に描かれており、鑑賞後は心をガツンと殴られた感じになる。




■宇宙人ポール

超一流のアホ映画。やっぱり映画はこうでなくちゃね。(あれ、調べたら2011年公開になってるけど、まあいいやw)

ポールもサニーも友情がテーマの映画やね。オイドンは友情に飢えているのか…?



さて2012年が劇場公開じゃないけど、昨年リバイバル上映を見て「こ、これは面白い!」ときたのは次の2作品

■ディア・ハンター

豊島園の劇場で鑑賞して、映画が終わってから池袋まで涙が止まらなかった作品。タオルを持っていてよかった。思い出すだけで泣ける。




■冷たい熱帯魚

園子温監督は、映画「桂子ですけど」(1997年)を観て以来嫌いだったが、この作品は悔しいけど面白い。最後の蛇足シーンがなければ完璧な作品。しかし、蛇足シーンのおかげで「やっぱ園子温はだめだわ」と叩ける材料ができたんだけど(笑)。主演のひとりである「でんでん」の演技が素晴らしいです。この映画はあの「愛犬家連続殺人」をテーマにしているので、知らない人は以下の本を読むと256倍楽しめます。ボディを透明にする!(←ダメ人間の合い言葉

共犯者 (新潮クライムファイル)

正月休みに「面白い映画はない?」と悩んでいる人は参考にしてくださいね!

映画からの帰りにて。元旦の朝焼け