Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

カブトムシの幼虫さん



私には何の事をいっているのか、さっぱりわかりません><
・【宣戦】義実家にしたスカッとするDQN返し 197【布告】

69 :名無しさん@HOME:2011/04/24(日) 19:17:20.28 0
風呂上りにいちいち私のところに全裸でくるウトの股間見ながら
「ちっちゃいカブトムシの幼虫みたいですね」と言っておいた
あれから一ヶ月、セクハラはなくなった

80 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 07:42:51.55 0
以前、同じような事あったなー。
夕方風呂に入ったウトが、トメ外でご近所と、立ち話してるのを話し声でわかったのかおっ立てて見せにきたよ。
まぁ、仕事柄見慣れてるのでなんとも思わなかったから
「えっ?!もしかして立ってその大きさ?」
と言って持ってた皿を落としたら、ウトはその日もう部屋からでて来なかった。
それ以来ウトを視界の真ん中に見る日はない。いつもフレームアウトな感じで接してくれるので嬉しい。

229 :80:2011/04/26(火) 00:28:44.37 0
遅くなりましたが、>>80です。
皆様お察しの通りわたしの仕事はストリッパー…ではなくただの茄子です。
当時は泌尿器科でした。
ウトはそれを踏まえた上で見せたんだと思います。優しくやらしくなんかしてくれるとでも思ったのでしょうか。
アホだ。
まぁそれ以上やったら、病気かも!と大騒ぎして剃毛してやろうと思ってたんですけどね。そのあと家族旅行とか言って大浴場付きの温泉とか色々計画して…ウフフ。
残念ながらそこまで至りませんでした。
平和な日々を送っております。
ではROMに戻ります。

85 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 09:06:22.79 0
モノが小さすぎて脱いでいたことにすら気づかず(黒パンツ一丁だと思った)、トメに「お父さんたら!嫁子ちゃんの前で!」と怒鳴られて初めて
「えっ、見えなくて気づきませんでした」
と答えてウト以外爆笑な嫁もいます。

114 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 16:13:46.01 0
この流れならry
上の方々のように、義実家に行ったら風呂に入ってたウトが裸で〜ということがあった。
ちゃんと日時を連絡してから訪問してるんだから、確実にわざと。
一度目は「そういうのやめてくださいねー」とやんわりとたしなめ
二度目は「前にも同じことあったんですが、ほんとにやめてください」ときっぱりと言い
夫に言うと「俺からも今度言っとくよ、悪気はないんだよ」
トメは「ごめんなさいねー、よく言っとくから」。それでも三度目があった。
へらへら笑って謝るウトと、二度目の時と同じ反応の夫&トメ。
次の義実家訪問を渋ったら、夫が「今度はもうそんなことさせないから」と言ってくれたのに
行ったら案の定到着時にはウト入浴中。
夫が風呂場に向かって「ちゃんと服着て出ろよ」と声をかけたが
リビングでトメのいれた茶をいただいているときに、やっぱり四度目をやらかしてくれたので
無表情で股間めがけて茶をぶっかけた。ぬるくなってたのが残念。
続けて湯呑も投げつけて、菓子入れも投げて、椅子から立ち上がり
「何度も嫌だといっているのがわからないんですか、ぼけているんですか、頭悪いんですか」
「あなたのやっていることはただの変態行為だということを自覚してください」
「見せびらかせるような代物でもないでしょうに、頭がおかしいんですか」
夫は私が湯呑を投げつけた段階で、「お前、おやじに何するんだ」みたいなことをほざいていたので
そっちに対しても
「あなたにとって父親でも、私にとってはただの変態男です。そちらをかばうんですか?」と
みたいなことを、敬語を一切使わず、悪態と罵倒を加え
方言(西日本)入れてがら悪くまくしたてた後、吉本の未知やすえっぽく
「やだー、変態こわーい」とかわいこぶって、トメに「せっかく入れてくれたお茶、ごめんなさいねー」と謝り
荷物と車のキーを持って「夫さんは自力で帰ってね!」と玄関を出た。
以来、義実家訪問は年始のみですんでいる。

128 :名無しさん@HOME:2011/04/25(月) 17:10:55.40 0
>>114です。
トメと夫の反応がスルー気味だったのは「生娘じゃあるまいし」ぐらいの感覚だそうで。
あと二度目の後に、あれセクハラだよって愚痴ったら
「うちの親父がお前にセクハラとか、ちょっと自意識過剰じゃね?」みたいなこと言われたんで
あなたの親父がどういうつもりかは知らないが、異性に裸や性器見せつけといて
見せられてる方が不快なのでやめてと言ってもやめないのは
セクハラ以外の何物でもないんだよ!と説教した。
そしたら「俺からも〜」って言ってくれたんだけど、理解してくれてはなかったんだなと。
夫は、その日の夜にバス&電車&タクシーで帰宅してきました。
玄関開けたら、まとめた荷物を傍らに、記入済みの緑の紙を前に置いてる私が正座してたんで
すごくびっくりした顔して、無表情の私の顔見て半泣きで、三和土で土下座してくれました。
ではROMにもどります。