Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

Twitter上で部落差別発言



差別問題は非常に根が深くセンシティブな問題だ。本人が「差別なんかしていない!」と表明していても、ちょっとした発言や行動で、その意識が表に出てくることがある。無意識でやっていればそれは問題であるし、意識的であったら悪質だ。

さて、現在発売中のファッション誌VOGUE5月号のデジタル別冊に、ジャーナリスト津田大介氏、ソラノート広報そらの氏、そして「VOGUEやGQのiPad&Webなどデジタル事業を統括するコンデナストデジタルのカントリーマネージャー」である田端信太郎氏が参加した鼎談が行われた(余談であるが、この鼎談に関わったライター氏のブログで「ソラノート事件」に触れていて大変興味深い)。


田端氏のTwitterプロフィールより→さらに詳しい略歴

この田端氏が、4月17日7時36分に以下のようなツイートを行った。

http://twitter.com/tabbata/status/59384779107352577(現在は削除済み)

それから約3時間後の10時39分に以下のツイートが行われた。

http://twitter.com/tabbata/status/59430868715978752

そして続けて

http://twitter.com/tabbata/status/59430968276164610

田端氏はリクルートでR25創刊立ち上げに関わり、現在はVOGUEやGQのネット事業開発をされているらしい。メディアに関わっている人間が、このような表現を使うことが、どれだけ致命的な事か理解しているのであろうか?
また「ご指摘に基づき、言い換えました」というのは、指摘がなかったら変更しなかったのか…?
4月18日午前2時49分現在、田端氏はこの件に関して謝罪や釈明のコメントは発表していない。

田端氏のTwitterアカウント http://twitter.com/tabbata
・Twilog http://twilog.org/tabbata(問題の発言が閲覧できます)
・ブログ http://blog.livedoor.jp/tabbata/