Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

夫の娘をDNA鑑定すると……



養育費でモヤモヤしています。(その後)発言小町) ※リンク先は削除済み
以前日記で取り上げた「別れた夫に養育費を」の後日談が、発言小町に投稿された。
前回のポストは昨年10月に投稿された。前回の内容もなかなか興味深く、別れた夫からずっと娘に対して養育費が払われていたが、ある日突然700万の入金があり、もう養育費は入金しない! と夫から宣言される。夫は「娘が本当に自分娘なのか、大変疑問だ。DNA鑑定も考えている」とのこと。
その後日談が、このトピックなわけだが、1月4日にトピ建てがされ、1月6日にはトピごと削除されてしまう。内容はかなり過激で、本当に本人なのか、釣りなのか、第三者がのイタズラか…… とヲチャーの間でいろいろな憶測が流れるが、真相は不明のまま。
この後日談を読むと、どう考えてもトピ主の状況が悪い。が、トピ主は高らかに勝利宣言をしている。質の悪い釣りという可能性もあるが、トピ主の精神が不安定な可能性も考えられる。

養育費でモヤモヤしています。(その後)
リック 2010年1月4日 13:49
リックです。
以前、「養育費でモヤモヤしています。」というトピではお世話になりました。
前のトピでは、DNA鑑定をした所で終わっていたと思いますが、その後の話をしてみたいと思います。
元夫と弁護士事務所で話をしました。
元夫はその時私に無断でDNA鑑定をしていました。
DNA鑑定の結果は、娘は元夫の子供ではないという結論が出ていました。
私が、そんな結果は信じられないというと、元夫は
「じゃぁ、君の方で鑑定医を準備してくれてもいいよ」と言いました。
私は、そんな鑑定は必要ない。女の感は常に正しいと言い、
女の感の正しさをプリントアウトしたものを彼に出しました。
彼は、それには目にもくれずに、
「じゃぁ、調停だね。君に今まで支払った養育費も全て返金してもらうよ」
と言い、私の目の前にバインダを出してきました。
バインダの中には、10年前に私が行った不貞の証拠が写真付きでありました。元夫は、
「ずっと昔から、この事は知っていたんだ。でも子供の事を思って今まで出してこなかった」と言っていました。
私は、でもあなたもAさんとそんな関係だったんだからどっちもどっちじゃないと言いました。
続きます。

続きです。
リック(トピ主) 2010年1月4日 16:32
私の言葉を元夫は否定しましたが、その様子から女の感は正しいと直感しました。
元夫は、「どちらにしろ子供の親権をこちらに渡すか、1000万円以上の養育費を全て返金するかのどちらかしかないよ」
と言い、私に決断を迫ってきました。私は決断しました。この小町で皆様に頂いたアドバイスを参考にしました。
私は元夫に「娘の親権をそちらに譲ります。でも養育費は700万円を含めて全て返金しません」と告げました。
元夫は「それでいいよ。今度はそちらが養育費を払う側だから、金額を決めよう」といいました。
私は耳を疑いました。私は女性なんですよ。養育費は普通男側が払うものでしょ?というと、
横にいた弁護士の方は否定してきました。信じられない事です。
続きます。

続きです。(2)
リック(トピ主) 2010年1月4日 16:35
弁護士の言葉は信じられないものでした。
女性は子供を産み育てる唯一の性。
この少子化の中、女性は社会的にも保護されなければいけません。この弁護士の今の世情を知らないのでしょうか?
日本は、まだまだ欧米のような女性が輝く事の出来る社会ではないようです。
私は、やるせない気持ちでいっぱいになりました。元夫は「養育費は、月4万円貰うよ。月に1回の接見は認めるから、
その接見時に渡してほしい」と言いました。4万円なんてあんまりです。
そんな事をすると彼が私から逃げていくかもしれません。私は、「娘に会わなければ養育費は払わないくていいの?」というと
元夫は「そうして欲しくないけど、そうならざるを得ないね。」と言いました。
と言う事は、これから私は娘に会えなくなるということを宣言されたも同じです。
続きます。

続きです。(3)
リック(トピ主) 2010年1月4日 16:38
私は、元夫と上記の事を約束させられました。ほとんど強制です。
でも彼との未来の為に、借金をする事は避けなければいけません。
700万円を使って彼との未来に必要なバイクを買っているので、これを守るためにも私にとって決断が必要でした。
娘を夫とAに差し出す代わりに未来の自由を得る、そんな感じの辛い決断でした。
そんな決断をしてから数週間が過ぎました。彼は私の事をとても慰めてくれました。
この時の彼の優しさはこれからも忘れられないでしょう。
私の友達達も、私の事をとても慰めてくれてとても嬉しかったです。
彼女達は全面的に私に共感してくれました。
そして彼女達が私に一筋の希望をくれました。
続きます。

続きです。(4)リック
(トピ主) 2010年1月4日 16:44
彼女たちが与えてくれた希望は、
 ・私が以前、不貞をしたのはともかく、そういう私を選んだ元夫にも責任があるのでは?
 ・私が不貞をせざるを得なかった状況を作り、不貞に追い込み、
  最終的には子供と離れ離れにさせた。そういう道に私を追い込んだのは
  元夫の謀略のせいではないのか?
 ・もしかしたら10年前からAと共謀して、元夫は手の込んだ作戦を実行したのでは?
  友達の女の感がそう言っている。あなたの感も正しかったでしょう?
という内容です。私は目から鱗が落ちる思いでした。
そうです、もしこれが本当の話(多分本当です)なら、なんという酷い元夫でしょう!!
まさにDVです。私は元夫からDVに相当する行為を受けていたのです。
(当時の私は共依存というべき状態だったのでしょう。)
続きます。

続きです。(5)
リック(トピ主) 2010年1月4日 16:47
早速、私は年末に元夫を呼び出し、友達と一緒に、
元夫に対して元夫のDVを4時間以上非難しました。
元夫はかなり精神的なダメージを受けたと思います。
まさに元夫に対する逆転の一撃でした。
元夫は、Aと再婚して娘を育てるようです。これから元夫とA側が、
>「あ〜あ、今日も早起きして弁当作らないといけないか」
>「どうして余裕のある朝がないの?」
>「どうしてイライラして怒らないといけないの」
>「給料日まであと2週間もあるのに、もうお金がない、くやしい」
>「日曜日の休日に自分の時間が作れない」
>「好きな旅行や飲み会にも行けない」
等のイライラした気持ちをする味わう番です。血のつながらない子供を育てる
元夫とAには、これから先には、私と私の友達からも非難され続けられる
つらい日々が待っているでしょう。
対する私は、彼との豊かな未来が待っています。
みんなも私と彼を祝福してくれています。
今、まさにここに勝利宣言をします!!
そして小町の皆様には、この勝利を盤石にすべく、
これからどうしていけばよいのかについてアドバイスを伺いたいと
思っています。
どうかよろしくお願いいたします。