Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

コールオブデューティ3をやっとこさ購入




コール オブ デューティー 3 ¥5,712 (税込)

最近360のゲームは欲しいモノが多い、「レインボーシックス ベガス」や「テストドライブ アンリミテッド」そして、MS渾身のドライブゲームForza Motorsport 2」。他にもギアーズやらなにやら物欲満載なんだけど、低所得者層のオイドンが全部買うと破産してしまうので、涙を呑んで「コール オブ デューティー 3」を先日購入。どんなゲームかというと、第二次世界大戦が舞台で、連合軍兵士としてドイツ兵を機関銃やら手榴弾、空手チョップでバッサバッサと倒していくFPSだ。
前作「コール オブ デューティー2」はPC版で死ぬほどやるぐらい大好きだったので、かなり期待する。で、早速3をプレイするがちょっと物足りない。
確かに映像や音やらシステムはよーーーくできているんだけど、なぜかちょっと不満。頼りがいのある夫・かわいい子供を持ち、幸せな結婚生活を送っているのに、本人もよくわからない不満をもって不倫に走ってしまうような昼ドラの主婦のコメントみたいだが、そんな感じだ。
まあ文句をいいながらも、やっていたらそれなりに面白く3D酔いになるまでプレイしてます。それにしてもレジスタンスのフランス人が見事なフランスなまりの英語をしゃべって感心する。英語しかしゃべらなかった登場人物満載映画「マリーアントワネット」と大違いだ。
まあ、敵のドイツ兵もみんな流暢なドイツ語でがなっているから、それぐらいで驚くなよ! と言いたいのだが。