Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

公衆無線LANの呪い



新作ゲーム機器を買うために並んでいる時も、さくら水産で安い昼飯を食っている時も、お金が落ちていないか地面を見ながら歩いている時も、インターネットに接続していないとおちつかない。
そう、そんなアナタにお勧めなのが、公衆無線LANサービスだ。ダータのものから月額数百円ほど払えば、いつでもどこでも(APがあれば…ね)無線LANでネット接続ができ、2ちゃんねで暴れまわったり、ふたばちゃんねるをみてはぁはぁしたり、スカイプを使ってチリに帰ってしまった愛人(19歳)と常にラブトークが可能だ。
で、小生もそんな素敵なネット生活に憧れて「livedoor Wireless」に入会しました。大嫌いなライブドアだけど、初期設定費用1050円、月額利用料525円(消費税込み)の料金は魅力的で、アクセスポイントも都内だとたくさんある
うきうきウォッチングで、申し込みさっそく接続を試みるが、これまた全く繋がりません。APは見えるんだけど、コネクトが不可能。接続しているウインドウはでるけど、蹴られてしまう。
当初は「小生の設定がよろしくないのかな?」と思うが、いろいろ試したり、他のAPに試してみるがこれまたダメ。ムキー解約してやる!!! と思うが、鳥頭の小生は家に帰って夕食のオムライスを食べれば、そんな怒りはすべて忘却の彼方に消えてゆくのであった。
で、ですよ。先日ヤホー!から「Yahoo!、月額210円から使える公衆無線LAN「Yahoo!無線LANスポット」 」が開始されるというニュースをみつける。しかもプレミアム会員なら2007年5月末日までダータらしい!
マクドナルド(Yahoo!のサービスはマクドナルドに強いのよ)で自慢のモバイルPCを広げても、ネットに繋がらないとただのフリーセルマシン。隣のおっさんが使っている、古びた東芝リブレット50でも、ネットに繋がるほうが魅力的… そう、ヤホーのサービスを使えば、そんな卑屈な気持ちとお・さ・ら・ば・さ! 
と損正義に金を払うのは嫌だが、ポチッとサービスを申し込む。
さっそく本当に使えるのか、寒空の中マシンを片手APを探す。そしたらライブドアワイヤレスもYahoo!もはいるというコーヒーショップを発見。「ジャマイカ産のジョイント1本」と寒いギャグを飛ばすほどの浮かれっぷりで、店内にはいり、早速PCのボタンをいれえAPをサーチ。おぉ、バリバリ電波がきているじゃないです、ヤホーもライブドアも。とりあえずヤホーのサービスに接続すると、無事に接続完了。いままでライブドアのサービスで散々繋がらなかったので、ちょっと感動する(涙)。そして、ライブドアのAPにもとりあえず接続してみるが…さくっと繋がってしまった。しかもライブドアの方がスピードが速い…
2つのサービスを利用しても、720円なので、とりあえず両方使おうかな。ちかぢかFONも設置する予定なんだけどね。
ビバ無線LAN!