Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ホワイトバンドと同じ匂いを感じてしまう「ロハス」という単語



ロハスクラブ
今、話題のキーワード「ロハス」。東池袋のナメクジ長屋で、オンボロのPC(OSはWindows98だ)を使って、2ちゃんねるの特ア板で「ホロン部氏ね」うけけけけ! と叫びながらキーをたたき、疲れたら横になり厨房御用達雑誌「IP!」の最新号をみながら寝てしまい、「ぐへへぇ、ダータはいいねぇ〜むにゃむにゃ」と寝言をいっているようなオイドンには100億兆万年遠いキーワードですよ。ロハスって言葉は。
ちなみにAllaboutのシンプルライフ(←これもすごいネーミングだ!)のガイドさんによると次のような意味らしい

「ロハス」とは、Lifestyle of health and sustainability という英語の略。
「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」といったところで、1998年のアメリカでの研究から導き出されたライフスタイルのモデルが元になっています。日本には2002年に紹介され、使われ始めたようです。
ロハスなライフスタイルとは、「安ければいい」「効率がよければいい」
という従来型の選択基準とは異なり、「それは自分や他人のカラダに悪い影響を与えないものか?」「それは地球環境にとってマイナスにならないものか?」
をまず考え、それによって消費や行動を選択していくものです。

ひとことでいえば「お前と地球にやさしくしろ」ということらしい。
まぁ、そんなことは赤貧プロレタリアートで、日々の暮らしに精一杯なオイドンにはそんな余裕がなかぁ〜(涙)
で、本題のこの「ロハスクラブ」どこがやっているんだろうと思い住所を調べてみると「〒104-0045 東京都中央区築地7-12-7 築地FTSビル5階 株式会社 木楽舎内」と書かれているじゃないですか。
そうです、「ロハスクラブ」は雑誌「ソトコト」でお馴染みの木楽舎さんが、どうやら運営・企画をしているようです(間違っていたらゴメンね)。
木楽舎さんは、ロハス関連のビジネスを多数手がけているようで、
「ロハスキッズ」
(「子供がいれば、毎日がロハス」というキャッチに失神しそうです)
三越の通販とコラボレート
ソトコトSHOP ロハスの木
などあるようです。「ロハス・ロハス」と叫んでいれば、かっこいいと考えている若人・おばさんから、お金を得るこのビジネスモデルは凄い。ホワイトバンドといい、考えた人は尊敬します!!!
個人的には「坂本龍一」が関わっているキャンペーンは全部胡散臭く見えてしまうという病気にかかっています。誰か治して!