Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ジャニーズオソロシス



マリ・クレールの表紙が塗りつぶされている!
アシェット婦人画報社が発行する、女性誌「マリ・クレール」。この雑誌の2006年6月号表紙は嵐のメンバー松本潤なんだけど、マリ・クレールの公式サイトをみると、顔が見事に塗りつぶされている。
先日のエントリーで「ジャニーズは肖像権に厳しい」と書いたんだけど、まさかここまでやるとは(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

コメント欄で教えてもらったのだが(kaeru-no-tsuraさんありがとう)、ピクトアップ40号という雑誌の表紙も凄いらしい。ワクテカしながら見てみると、V6のメンバー岡田准一が表紙を飾っている。が、なんと顔写真の上からイラストを描かれており、注意書きには「表紙の画像はイメージです」と書かれている…
バックナンバーを見てみると、ピクトアップ33号もイラストで、「事情によりHP上での表紙画像はイラストで紹介しています」と書かれている。なぜなら長瀬智也が表紙を飾っているからですね〜
恐ろしいですね〜 怖いですね〜
なんだか講談社vsジャニーズは「ダースベーダー対ジャバザハット」のようなヒール対ヒール。両方悪役に感じてきたので、どちらを応援したらいいかわかりません。

マリ・クレール2006年6月号表紙。顔だけこんなに塗り潰されているから、かなり変

ピクトアップ40号の表紙。写真とイラストのテイストがあっておらず、何だか気持ち悪い

塗り潰されている表紙のため、編集長のブログもなんか間抜けな感じ
fujisan.co.jpの解説