Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

東海道線



今日は仕事で横浜に行ってきた。品川から乗り換えて横浜を目指す。横浜を通る列車は「東海道線」と「京浜東北線」の2つ。東海道線の方が早いようなので、東海道線にのる。
日頃山手線ぐらいしか乗車しないので、オレンジとビリジアンのツートンカラーの東海道線に乗ると、お出かけ気分になる。
しかし東海道線の電車はなんだか古臭い。昔の映画にでてくるようなボックスシートだし車内もなんだか暗い。車体はスチールぽくて、塗装されたペンキはべちょっり塗ってなんだかどん臭い。先日みた零戦みたいな雰囲気だ。それに比べて京浜東北線を走ってる車両は、銀色のアルミカラーに輝く車体にまぶしい空色のストライプが一本を走っていてとっても近代的。
車内が暗いなぁと感じつつ、東海道線でドンブラコドンブラコと横浜を目指す。窓を見ると京浜東北線が併走していた。停車駅が少ない東海道線のほうがスピードがでてており、がんばって京浜東北線を抜こうとしてる。総武線を抜く中央線は「オラオラ快速電車のお通りだ〜い」といった感じでギューンと抜いていくだが、東海道線は「ヒーコラヒーコラバヒンバヒン」といった感じでジリジリと、一生懸命に抜いていく雰囲気。その姿に中年男性的な悲哀を感じ「頑張れ東海道線!」と2秒ほど思った。