Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

みんな〜やってるか!(1995年)




消化不良をおこしつつ、MXテレビビートたけし映画2本目。映画の解説をみていると「カー・セックスがしたい!と妄想をつのらせた冴えない男が、紆余曲折を経て、バッタ男となって死ぬまでを描いた奇想天外なナンセンス・コメディ」と読んでいてジンマシンがでそうな話だけど、BROTHERより12倍ぐらいマシな映画だった。一つのギャグが短くテンポがよく場面が変わるので最初は楽しく見れる。が、後半はネタ切れか一つのギャグシーン長くてちょっとだれ気味。ただしヌードシーンが沢山あったので、それはそれで楽しめました。あと個人的に寺島進が出ていたので(以下略)。
勝手に映画評価 ★★☆☆☆(星2つ)
goo 映画
しかし新年一発目でこの映画をみるなんて、2005年は映画に関して駄目な年になりそうだ(笑)