Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

モーニング no31 7/15



幕張から帰る途中に読む。スピリッツ、ヤンマガがつまんないなか全体的に面白い。種田山頭火の伝記漫画「まっすぐな道でさみしい」(いわしげ孝)は来週で最終回のようだ。どちらかというと、家族を捨てるまでの描写が多く、放浪の旅のシーンがすくなくて残念だったが毎号楽しみに読んでいた。急な終わり方なので人気がなかったのだろうか? 残念。ただ片岡鶴太郎に推薦させるのは良くないぞ! トンデモ野球漫画「ジャイアント」(山田芳裕)も凄い展開だ! キャッチャーは地上300メートルぐらい投げ飛ばされているんじゃないか? 着地する時地面に叩き付けれてコナゴナになるかと思ったよ。「ドラゴン桜」(三田紀房)はセンターカラー。絵のデッサンが微妙に狂っていて、女の子の顔が相変わらずキュビっている。単行本にはカラーで収録されないだろうから、必見(ストーリーは面白いんだけどね)。「ブラックジャックによろしく」、この漫画もバガボンドのような坦々とした展開絵。まるで紙芝居を見ているような静的な漫画だなぁと感じる、特に「ジャイアント」を読んだ後は。
「LACALACA」(澤井健)絵が無茶苦茶うまい、カラー漫画。フリーダカーロを中心にした骸骨漫画も今号で最終回。モーニングはリニューアルを考えているのか? しかしフリーダは死んでも毛深く描かれている(笑)