Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ビックコミック no12 6/25



表紙はどこのおばさんかと思ったら卓球少女(もう少女じゃないが)愛ちゃんだった。巻頭は「ダブルフェイス」(細野不二彦)今回のストーリーは面白いけど、いくつかの話が錯綜しているので、ちょっとわかりづらい。次号を読めばスッキリなっとく?
太陽の黙示録」(かわぐちかいじ)新興宗教の施設についに侵攻か? 教祖は恋人か? でも恋人はちょっとおばさんくさくて悲しいぞ! しかしこの会の代表理事があまりにも悪人顔すぎてちょっとおかしい。
「ダンデ・ライオン」これってビックコミックの作品なんだよね。つまんなくはないけど、話の質が軽いのでいつもゴラクに連載していると勘違いしてしまう。
「C級サラリーマン」(山科けいすけ)「OL進化論」のサラリーマン版(逆か?)ホッピー飲みながらゴキブリが徘徊する場末の飲み屋で愚痴るって(涙) この漫画はただなら読めるけど…って内容ですが、これぐらい薄い方が一般受けがいいのかなぁ(時たま面白いときもあるが…)。
「天上の弦」いまビックコミックで一番面白い漫画でしょう。原作つきとはいえ、一押し漫画。こうやってみると朝鮮半島の歴史って悲しいです。
ゴルゴ13」南極の子供って本当にいるんだろうか? ググッてもでてこんぞ。雪目を防ぐゴルゴ。なんだかかわいいぞ!