Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ホテル散歩後、地元のモールへ



その後、広い広いホテルの散歩。ゲーセンやら鞄屋やら、マグネット屋さんやら綺麗な店舗がならんでいるが、雰囲気は熱海。いなかっぽい。
適当にまわって、タクシーにのって地元の人御用達「ブルバードモール」にいく。タクシーにのって景色をみるが、のっぺりとした大地にぽつりぽつりと巨大な平屋の建物がたっていて、寂しい。まんま映画にでてくるネバダの景色をみながら10分ほで目的地に到着、料金は15ドルほど。デパートが5個ほどくっついたショッピング街を4時間ほど散策。
ここでアロハシャツを買ったが、なんとサイズはキッズサイズ。俺は子供か! と感じるが、大人向けはでかすぎてはいらん。アロハシャツを2枚。また地元のゲーム屋にいき、ナムコやアタリのゲームがテレビにつなぐだけで6つほどできてしまう夢のようなおもちゃを買い占めて(1コ24ドル)店員が驚かせたりする。
アメリカはやっぱりXOBXがメインだが、プレステやゲームキューブのソフトもたくさんあった。
またGTAのバイスの攻略本や次回の予告ポスターおいてあり、GTAはアメリカでバカ売れ! というキャッチフレーズは嘘じゃないんだなぁとしみじみ思う。
話は変わるが、本屋にいっても、おもちゃ屋にいっても、コンビニにいっても、遊技王のカードや書籍、おもちゃがたくさんあり、「アメリカで遊技王が大人気!!」 という話も嘘じゃなかったんだと実感する。逆にスターファイアーこと、プリンセス天功はまったくみない。やっぱり…