Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ベガスの早朝散歩



朝、日の出とともに起きる。昨日の夜ろくに飯を食べていなかったので腹が減り、外のコンビニでかける。夜は怖くて人気のない外でも明るいと全然平気。しかし道がでかい。でかすぎ。
ホテルから歩いて100歩ぐらいのところにとり、巨大な76のガススタンドがあり(本当に76のスタンドがあるんだとしみじみ思う)その中にサークルKのコンビニが併設してある。自動ドアでないドアを開けて中に入る。アメリカのコンビニ店内はゲームのポスタルそのもので(まあ当然なんだけどね)、大量のドーナツが売っていて、とてもおかしい。セルフサービスのソフトドリンクやホットコーヒーが売ってあり、美味しそう。日本のコンビニでもホットコーヒーのサービスがあればうれしいのに(一部のコンビニではやっているが、海外のサービスと比べるとまだまだ充実していない)。驚いたのが、コンビニのなかでもデジタルスロットマシンが5台もあり、白人のおっさんががんばって朝ぱらかた打っていた。トロピカーナのオレンジジュースとサンドイッチを買って帰る。帰る途中、道にカクテルグラスやワイングラスをが落ちいてびっくりする。貧乏性のおかあさんは持ってかえって家でグラスを使いそうだ。また新聞の自販機や風俗情報満載のフリーペーパー置き場があって、しげしげとのぞいて部屋に戻る。