Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ホテルストラストフィア



ホテルに着いたのが、14時だったので、チェックインできるかどうか心配だったが、無事にチェックイン。25ドルの手数料をとられ、23階の部屋に向かう。が、1階のほとんどが巨大なカジノになっており、どこからエレベーターにのっていいかわからない。
カジノはスロット、ルーレット、バカラブラックジャックなど、映画にでてくるカジノの雰囲気そのまんま。昼間のせいか人は少ない。エレベーターがなかなか見つからず。迷子になりつつ、ホテルの従業員にきき、やっと部屋に到着。
部屋は大きくて綺麗だが、冷蔵庫がなかったり、金庫が開かなかったりと、設備ちょっとマイナス。部屋から見える景色は広大で、地平線がわりに巨大な岩石な山がそびえ立っている。窓は固定されていて開かない。やっぱり自殺防止のためか(笑)
疲れているのでちょっと休憩と横になると寝てしまい。気づくと22時。腹が減ったので売店で菓子パンを買って食べ、ホテル内をうろうろする。
昼間と違ってカジノは大盛況。カクテルガールは170センチ以上の女性がたくさんいてびっくり。グラスは金魚鉢ぐらいあるものありさらにびっくり。体は巨乳を揺らしたグラマラスな人がおおいので目が行くが、顔がめがねをかけた真面目女学生! みたないパターンが多くゲンナリする。
博打を打ちたい衝動にかられるが、あわてる乞食はもらいが少ない。じっくり様子をみて打とう。
コンビニいきたかったので、外にでるが、時計をみると深夜1時で怖くてすぐにもどる。その後は部屋にもどって寝る。今日は40時間以上もあった長い、長い1日だった。